ビジネスマナーの研修を受けよう|会社の体制を見直す時

男女

内定者とその研修

大勢の人

企業が新卒者などを採用し内定を出した際には、入社までの間に内定者研修を開催することがある。内定者研修を行うことは、企業にとっていくつかの利点などがある。内定者研修を行うことで、入社後の研修をスムーズに行うことができたり、社会人の基本として抑えておいてほしいことを内定者研修で伝えられるなどがある。また、内定者が確実に入社してもらうためのものとして行うケースもある。内定者研修では、通常はその会社の組織体系やルール、ビジネスマナーや新入社員研修までに抑えておいて欲しいことなどを予め研修として教えることが一般的である。その為、社内の人事部の担当者などを活用しながら研修が行われることも多い。特に会社の組織や社内ルールなどに付いては、社内の担当者から教えることがほとんどである。しかし、ビジネスマナーなど社会人の基本として抑えておいて欲しいことには、外部の専門業者に依頼し専門担当者を活用した方が良いケースも多い。これらの内定者研修のための外部業者やセミナーを利用する場合には、選定の際にポイントとなることがある。大きなポイントとしては、自社に合った内容であるかということがある。業界や会社によっては、ビジネスマナーで押さえておきたいポイントが異なることがある。また、採用した人材を配属しようとしている部署などによっても抑えておいてほしい内容は異なる。その為、これらの内容を考慮しそれらを中心に教えてくれる業者を選ぶことが重要になる。